女子野球ワールドカップ

女子野球ワールドカップとは、世界各国の女子野球選手の代表で争われる「女子野球の国際大会」です。

2年に1回開催され、主催は「IBAF国際野球連盟」や「WBSC世界野球ソフトボール連盟」などになります。日本代表選手は20名が召集され大会を戦っていきます。

女子野球ワールドカップとは?

年々参加国が増加しているのが特徴です。

2014年の宮崎大会では、出場国が8ヶ国です

日本・アメリカ合衆国・オーストラリア・カナダ・チャイニーズタイペイ・ベネズエラ・香港・オランダ

2016年の韓国大会では、出場国が12ヶ国です

日本・カナダ・ベネズエラ・チャイニーズタイペイ・オーストラリア・韓国・アメリカ合衆国・キューバ・ニュージーランド・香港・インド・パキスタン

参加国の数でグループが振り分けられ総当たり戦を行います。

それから上位チームで順位決定戦が行われます。

大会の参加国により、若干試合方式が変わってきますが、基本的には「グループ総当たりで、勝ち抜けチームの順位決定戦」という流れになります。

女子野球ワールドカップの過去の成績

2016年大会まで日本は破竹の5連覇を達成しています。

開催年 主催 開催都市 金 銀 銅
1 2004 IBAF カナダ・エドモントン 米国 日本 カナダ
2 2006 IBAF 台湾・台北 米国 日本 カナダ
3 2008 IBAF 日本・愛媛県松山市 日本 カナダ 米国
4 2010 IBAF ベネズエラ・カラカス&マラカイ 日本 豪州 米国
5 2012 IBAF カナダ・エドモントン 日本 米国 カナダ
6 2014 IBAF 日本・宮崎県宮崎市 日本 米国 豪州
7 2016 WBSC 韓国・釜山 日本 カナダ  ベネズエラ
8 2018 未定 未定

マドンナジャパン

バッティングが最短で飛躍的に上達するDVD

バッティングで一番大切な「強く遠くに打つ」バッティングを教えてくれます。

特に女子選手には欲しい長打力が身に付くバッティング上達DVDですよ。

バッティングの基本がしっかりと詰まったベストセラーのDVDです。

元プロ野球選手が直伝してくれるバッティング技術になりますよ。

7日間スラッガー養成プロジェクト

内野守備が上達するDVD

日本でもメジャーでも二遊間を守った「川﨑宗則」が実践的な守備を教えてくれます。

内野守備の技術は、このDVDに全て詰まっていると言っても過言ではありません。

様々な技術、連携、ポジショニングとさらにレベルアップできる内容です。

一歩目の判断が早くなり、より素早い送球が出来る様になる内野守備DVDですよ。

実践守備マスタープロジェクト

ピッチャーのコントロールを良くする方法

投手のコントロールを良くする技術と練習方法です。

制球力を磨けば、調子が悪い時でも試合中に修正していく能力が身に付きますよ。

コントロールは投手の生命線です。大崩れしてゲームを壊さない安定した投手技術です。

いつでもストライクを取りるゲームが作れるピッチャーを目指しませんか?

ピッチャーコントロール

ピッチャーの球速アップ

今よりも球速アップを図りたい場合には良いトレーニング方法になりますよ。

目標は3ヶ月で10km/h~15km/hのスピードアップです。

腕がしっかりと振れるので、変化球のキレも増してきますよ。

このトレーニングが良い点は「肩や肘」を怪我から守るトレーニングも兼ねている点ですよ。

ピッチャーの球速アップ