ドアスイングって何となくは分かるけど、もっと具体的に知りたい!

今回はそんなバッティングのドアスイングの解説になりますよ。

ドアスイングを言葉で説明すれば ・・・

バットのヘッドが遠回りして後ろが大きい大振りのスイングです。

ドアスイングになるといけない理由は?

ドアスイングになると、ヘッドが走らないのでスイングスピードが上がりません。

バッティングスイングの理想の一つとして、スイングスピードが速い事が挙げられますよね。

また、ミートポイントも小さくなってしまいます。

後ろが大きいスイングなので、振り遅れる原因にもなります。

振り遅れまいと早いタイミングで振り出す必要があるので、ボールを長く見て振るという事も出来ないんですね。

ドアスイングになるといけない理由をまとめると大きく3つあります。

  1. バットがしならないのでスイングスピードが落ちる
  2. ミートポイントが小さくなる
  3. 振り遅れたりタイミングが取りにくい

などスイングでは致命傷になってしまうデメリットだらけのスイングなんです。

ドアスングについての解説!

それでは、下記のバッティング写真が「ドアスイング」になりますので見ていきましょう!

  1. 構え
  2. 肘が伸びてスイング
  3. バットが遠回りして大振りする

④ですでに手首が返りますので、ドアスイングでは「手首をこねるバッティング」になるケースもあります。

手首の返しが早い「こねるバッティング」では、引っかけた内野ゴロが多くなる要因にもなるんですね。

ドアスイング

正しい良いスイングの例

今度は良いスイングの例です。

女子野球では力を分散させたバッティングにならない様に、正しいスイングを身に付けたいですよね。ドアスイングでなく、正しいスイングをすることで「体の回転も鋭く」なるんですよ。

  1. 構え
  2. グリップを一直線で体の近くから出す(インサイド)
  3. グリップが先行しヘッドが追いついた後に追いぬく(アウト)
  4. フォロースルーへ

という流れになり「インサイドアウト」のスイングになります。

インサイドアウトについての解説は、記事下で詳細ページをご案内していますよ。

正しいスイング

グリップとヘッドの軌道を意識するスイング

ドアスイングにならない様にするには「グリップとヘッドを一直線」に振り出すイメージです。

インサイドアウトのスイングが出来れば、上記の③の様に「両肩・両肘・手首の五角形」が出来ます。胸元の五角形は肘が伸びきっていない証拠です。

肘が伸びきると大振りのドアスイングになりやすく、力もうまく伝わらなくなるんですね。

Ⓐ ヘッドの軌道が大きな円を描くスイング

Ⓑ ヘッドの軌道が一直線に出るインサイドのスイング

このⒷのスイング機動を意識することで、ドアスイングが改善されていきますよ。

スイング軌道の比較

バッティングが最短で飛躍的に上達するDVD

バッティングで一番大切な「強く遠くに打つ」バッティングを教えてくれます。

特に女子選手には欲しい長打力が身に付くバッティング上達DVDですよ。

バッティングの基本がしっかりと詰まったベストセラーのDVDです。

元プロ野球選手が直伝してくれるバッティング技術になりますよ。

7日間スラッガー養成プロジェクト

内野守備が上達するDVD

日本でもメジャーでも二遊間を守った「川﨑宗則」が実践的な守備を教えてくれます。

内野守備の技術は、このDVDに全て詰まっていると言っても過言ではありません。

様々な技術、連携、ポジショニングとさらにレベルアップできる内容です。

一歩目の判断が早くなり、より素早い送球が出来る様になる内野守備DVDですよ。

実践守備マスタープロジェクト

ピッチャーのコントロールを良くする方法

投手のコントロールを良くする技術と練習方法です。

制球力を磨けば、調子が悪い時でも試合中に修正していく能力が身に付きますよ。

コントロールは投手の生命線です。大崩れしてゲームを壊さない安定した投手技術です。

いつでもストライクを取りるゲームが作れるピッチャーを目指しませんか?

ピッチャーコントロール

ピッチャーの球速アップ

今よりも球速アップを図りたい場合には良いトレーニング方法になりますよ。

目標は3ヶ月で10km/h~15km/hのスピードアップです。

腕がしっかりと振れるので、変化球のキレも増してきますよ。

このトレーニングが良い点は「肩や肘」を怪我から守るトレーニングも兼ねている点ですよ。

ピッチャーの球速アップ