バッティングで体が前に突っ込んで、体重移動が大き過ぎる不安定な状態を「スウェーする」と言います。スウェーには、前のスウェーと後ろのスウェーの2種類があります。

今回は、体が前にスウェーする原因と修正方法のご紹介です。

すぐに改善できる方法と、それでも改善しない方法の大きく2通りのスウェーの改善をお伝えしますよ。

バッティングでスウェーする原因はトップにあり!

まずは考えられる原因としては「トップが浅い」ことが挙げられます。

バッティングのトップとは、打ちに行く際のグリップの位置になりますよ。

トップが浅いと、ボールをしっかりと待てない原因になります。

  • タイミングが合わずにボールを迎えに行き体が前に突っ込む
  • 下半身が不安定で粘れない

といった原因になるんですね。

では早速トップが浅いバッティングフォームを見てみましょう。下記のバッティングフォームでは、スウェーはしていませんがトップが浅い例として用いています。

  1. ステップを終えて前足が着地 ⇓
  2. トップを作る ⇓
  3. スイング ⇓

というバッティングフォームの一過程になります。

②でトップが浅いために、③のスイングでタイミングがずれると前に突っ込みやすくなります。

次の深いトップのバッティングフォームと見比べると分かりやすいです。

バッティングの浅いトップ

深いトップの例

トップが深く「体の割れ」も大きく安定感がある事が分かります。

バッティングの体の割れとは、上半身と下半身が一番大きくねじれる(離れる)ことを言い、大きなパワーを生む動作になりますよ。

割れが大きいほどに「重心が下がり安定感」も増します。

バッティングの深いトップ

それでは、バッティングのトップの違いを比べてみましょう。

②のトップの深さの違い、②~③の割れの大きさの違い、③の重心の安定感の違いが分かりますよね。

バッティングで前に突っ込む

バッティングのスウェーの矯正方法

バッティングのトップを深く作るには、グリップをキャッチャー側(ホームベース方向)へ引く様なイメージで作ります。

一度鏡などでトップの位置をチェックすると良いでしょう。

意外と自分が思っていたよりも浅い…何てこともありますからね。

トップを深くして、割れを大きくしても体が突っ込む場合には、その矯正方法として、座りながらの素振りやティーバッティングを行うと良いです。

上体が突っ込まないバッティングの練習方法の一つになりますよ。

椅子に座る、バランスボールの上に座って打つなどですね。

下記のバランスボールティーバッティングでは、全く上体が前に突っ込んでいませんよね。

バランスボールティーバッティング

バッティング練習でのバランスボールの選び方

バランスボールは野球でも色々な使い方があります。

上記の様なバランスボールの上に乗ったティーバッティングでは、バランスボールの大きさのサイズ目安は、膝よりも高く足の付け根よりも低いサイズが良いです。

地面からメジャーなどで測って、膝と足の付け根の間くらいの高さのバランスボールが練習しやすいです。

個人差はありますが、身長165cmほどならば65cmサイズくらいで合うのではないでしょうか。

まずは椅子を使って練習をしてみて下さい  ^^ /

色々なバランスボールの例(楽天)

バッティングが最短で飛躍的に上達するDVD

バッティングで一番大切な「強く遠くに打つ」バッティングを教えてくれます。

特に女子選手には欲しい長打力が身に付くバッティング上達DVDですよ。

バッティングの基本がしっかりと詰まったベストセラーのDVDです。

元プロ野球選手が直伝してくれるバッティング技術になりますよ。

7日間スラッガー養成プロジェクト

内野守備が上達するDVD

日本でもメジャーでも二遊間を守った「川﨑宗則」が実践的な守備を教えてくれます。

内野守備の技術は、このDVDに全て詰まっていると言っても過言ではありません。

様々な技術、連携、ポジショニングとさらにレベルアップできる内容です。

一歩目の判断が早くなり、より素早い送球が出来る様になる内野守備DVDですよ。

実践守備マスタープロジェクト

ピッチャーのコントロールを良くする方法

投手のコントロールを良くする技術と練習方法です。

制球力を磨けば、調子が悪い時でも試合中に修正していく能力が身に付きますよ。

コントロールは投手の生命線です。大崩れしてゲームを壊さない安定した投手技術です。

いつでもストライクを取りるゲームが作れるピッチャーを目指しませんか?

ピッチャーコントロール

ピッチャーの球速アップ

今よりも球速アップを図りたい場合には良いトレーニング方法になりますよ。

目標は3ヶ月で10km/h~15km/hのスピードアップです。

腕がしっかりと振れるので、変化球のキレも増してきますよ。

このトレーニングが良い点は「肩や肘」を怪我から守るトレーニングも兼ねている点ですよ。

ピッチャーの球速アップ