今回はパワー不足になりがちな女子野球で、バッティングでパワーアップをする練習方法のご紹介になります。筋トレでなく、バッティング練習の中でパワーアップが行える方法になりますよ。

それが、サンドボールを使用したティーバッティングになります。

サンドボールとは!?

その名の通りに砂が入ったボールになります。

ボールの中には「砂と空気」が入っていますので、しっかりとボールの中心を捉えないと、真下にボールが落ちたりと真っ直ぐ飛びません。

サンドボールには「350gと500g」の重さがあり、中学生以上ならば500g以上で良いでしょう。

ただし女子の中でも小柄な場合には、中学生でも350gでも構いません。

金属バットで打つと消耗が早かったり、バットの先っぽに当たると破れることもあります。

野球のサンドボール

サンドボールで練習する効果は!?

  • しっかりと力を入れたインパクトが出来る様になる
  • インパクトの直前にボールを押し込む動作をマスターできる
  • ボールが重いのでしっかりとバットを振り抜ける

というメリットがあります。

総合的にインパクトが強くなるために、バッティングのパワー強化になるんですね。

さらに、サンドボールの効果を上げる場合には「竹バット」の使用がおすすめです。

竹バットは3,980円や4,980円など安価で丈夫なのが特徴です。

金属バットよりも、スウィートポイントが狭く、芯を外すと手がしびれますので、ミート力をアップさせるのにも非常に効果的なんですね。

竹バットについては、下記記事より詳細が読めますよ。

野球用品ムサシ楽天店のサンドボール

金属バットと木製バットの違い

バッティングが最短で飛躍的に上達するDVD

バッティングで一番大切な「強く遠くに打つ」バッティングを教えてくれます。

特に女子選手には欲しい長打力が身に付くバッティング上達DVDですよ。

バッティングの基本がしっかりと詰まったベストセラーのDVDです。

元プロ野球選手が直伝してくれるバッティング技術になりますよ。

7日間スラッガー養成プロジェクト

内野守備が上達するDVD

日本でもメジャーでも二遊間を守った「川﨑宗則」が実践的な守備を教えてくれます。

内野守備の技術は、このDVDに全て詰まっていると言っても過言ではありません。

様々な技術、連携、ポジショニングとさらにレベルアップできる内容です。

一歩目の判断が早くなり、より素早い送球が出来る様になる内野守備DVDですよ。

実践守備マスタープロジェクト

ピッチャーのコントロールを良くする方法

投手のコントロールを良くする技術と練習方法です。

制球力を磨けば、調子が悪い時でも試合中に修正していく能力が身に付きますよ。

コントロールは投手の生命線です。大崩れしてゲームを壊さない安定した投手技術です。

いつでもストライクを取りるゲームが作れるピッチャーを目指しませんか?

ピッチャーコントロール

ピッチャーの球速アップ

今よりも球速アップを図りたい場合には良いトレーニング方法になりますよ。

目標は3ヶ月で10km/h~15km/hのスピードアップです。

腕がしっかりと振れるので、変化球のキレも増してきますよ。

このトレーニングが良い点は「肩や肘」を怪我から守るトレーニングも兼ねている点ですよ。

ピッチャーの球速アップ