バッティング上達方法の基本編の最後はスイングについてです。

スイングは大振りにならずに「コンパクト」に振っていきたいですね。

コンパクトとはバットを小さく持って、当てに行くバッティングではありません。

バットを最短で出して、力を連動して無駄なく強く振るスイングを言いますよ。

インサイドアウトのスイングを知ろう!

インサイドアウトのスイングとは、バットのグリップを体の近くから中へ入れていく事です。

この時の動作を「インサイド」と言います。

グリップが先導して、外側からバットのヘッドが追いついた後に追い越します。

これを「アウト」と言います。この一連のスイングを「インサイドアウト」と言い、基本で理想のスイングになりますよ。

① 後ろの肘を体の内側へ入れるイメージで振り出す

後ろのワキを締めるイメージとも表現できます。

ミートポイントまで最短で「一直線」で振るイメージです。

グリップでボールを捉えるイメージとも表現される事があります。

②~③ グリップはおへそを通すイメージ

向かって来るボールの高さにもよりますが、胸の下~ヘソ付近を通すイメージで振ります。

④ インパクト後はフォロースルー

インサイドアウトでバットを振れば、バットがしないヘッドが走ります。

結果としてパワーが連動するスイングになり、大きなパワーを逃がすためにフォロースルーは自然と大きくなります。

バッティングのインサイド

インサイドアウトのバッティングフォーム

下記のバッティング写真で、再度インサイドアウトを見て行きましょう。

①のトップから②は直線で振りおろすイメージです。

③で外側の肘を体の内へ入れてインサイドでスイングをします。

④でグリップが先行し⑤でインパクトへと向かいます。

インパクトの際に、肘が伸びきると強い力が働きません。

理想は⑤の「両肩・両肘・手首を結んだライン」で、胸元に五角形が出来ることです。

⑤~⑥でバットがしなりヘッドが走ります。

⑦で腕とバットが一直線になれば⑦~⑨でフォロースルーです。フォロースルーは自然と手首が返って大きなフォローが良いスイングの証です。

⑨の前の足が浮いているのは、大きな力を逃がす反動でやや跳ね上がっているのが分かります。

インサイドアウトのスイングが良い理由として、④~⑥のミートポイントが前後に広くなるという点も挙げられます。

バッティングのインサイドアウト

インサイドアウトのスイングのメリット

最後に、インサイドアウトのスイングのメリットをまとめました。

  • バットがしなりヘッドが走るので、スイングスピードが上がる
  • 前が大きいスイングなのでミートポイントに向かいスイングスピードが上がる
  • ミートポイントまで最短で無駄なくバットが出せる
  • 前後へのミートポイントが広がる

などが挙げられますよ。

一言でまとめるならば「無駄のない最短で力の連動が出来るスイング」ですね。

バッティングが最短で飛躍的に上達するDVD

バッティングで一番大切な「強く遠くに打つ」バッティングを教えてくれます。

特に女子選手には欲しい長打力が身に付くバッティング上達DVDですよ。

バッティングの基本がしっかりと詰まったベストセラーのDVDです。

元プロ野球選手が直伝してくれるバッティング技術になりますよ。

7日間スラッガー養成プロジェクト

内野守備が上達するDVD

日本でもメジャーでも二遊間を守った「川﨑宗則」が実践的な守備を教えてくれます。

内野守備の技術は、このDVDに全て詰まっていると言っても過言ではありません。

様々な技術、連携、ポジショニングとさらにレベルアップできる内容です。

一歩目の判断が早くなり、より素早い送球が出来る様になる内野守備DVDですよ。

実践守備マスタープロジェクト

ピッチャーのコントロールを良くする方法

投手のコントロールを良くする技術と練習方法です。

制球力を磨けば、調子が悪い時でも試合中に修正していく能力が身に付きますよ。

コントロールは投手の生命線です。大崩れしてゲームを壊さない安定した投手技術です。

いつでもストライクを取りるゲームが作れるピッチャーを目指しませんか?

ピッチャーコントロール

ピッチャーの球速アップ

今よりも球速アップを図りたい場合には良いトレーニング方法になりますよ。

目標は3ヶ月で10km/h~15km/hのスピードアップです。

腕がしっかりと振れるので、変化球のキレも増してきますよ。

このトレーニングが良い点は「肩や肘」を怪我から守るトレーニングも兼ねている点ですよ。

ピッチャーの球速アップ