バッティング上達方法の第四回目は「タイミングの取り方」になります。

バッティングでは「タイミングが命」と言われるくらい重要な要素ですよね。

投手の動作を何となく見てタイミングを取るのでなく、しっかりと投手とタイミングを合わせる事が大切になりますよ。

※ この記事で「タイミングを取る」という表現は、バッターが前足を動かす「前足のステップの初動動作」を指します

バッティングのタイミングの取り方

タイミングの取り方のポイントは投手の動作に合わせることになりますよ。

足を上げてゆっくりとタイミングを取るバッターなど色々とバッティングスタイルに違いがります。

あなたのバッティングスタイルに応じて、自身に合うタイミングの取り方やポイントを試してみて下さいね。

まずは下記のピッチング写真を参考にしていきます。

タイミングの取り方1

下記の①~②の動作で、投手のお尻が下がり始めてからタイミングを取る方法

このタイミングの取り方を別の言い方で表現すれば「頭が下がった時」になります。

お尻が沈む時には、必然的に頭も下がります。

☑ タイミングの取り方2

②のお尻が下がり、前足が一直線になった時

☑ タイミングの取り方3

③のお尻が一番下がって、腕が下に下がりテイクバックに入る時

この3通りの動作でタイミングを取ると良いでしょう。

バッティングのタイミングの取り方

ピッチング動作の解説

④の動作のピッチングの割れというのは、上半身と下半身が一番離れてひねりが大きくなる時を言います。この時にタイミングを取り始めると遅い始動になります。

⑤のピッチングのトップとは、投げ始めるテイクバックした手の位置です。

⑥のリリースはボールを離す瞬間になります。

バッター目線でのタイミングの取り方

今度は、正面のピッチング写真です。

上のピッチング写真の正面バージョンになります。

タイミングの取り方は、上記で説明した通りになります。

注意点として、下記の動作③の「手の位置」でタイミングを取る場合は、投手によっては手の位置が見えないフォームの投手もいます。

俗に言われる「ボールの出所が見えないフォーム」ですね。

ですので、もし手の動きだけでタイミングを取る場合には、投手によっては見るポイントを後ろの手でなく、前の手を見たりするのも良いでしょう。グラブが一番下がったらなどですね。

ただし、腕は体の後ろで動いたり動きが速いです。ですので最初は下半身の動きを注視してみる方が良いかもしれません。

ゆっくりとした動作でタイミングを計りたい場合には、先述した「頭が下がった時」が合わせやすいかもしれません。

色々と試して自身のタイミングを確立させたいですね。

バッティングのタイミング

女子野球のタイミングの取り方

女子プロ野球の投手の中には、テイクバックした手を腰の後ろで一瞬止めて隠したりする投手もいます。

そういった動作が分かりやすい投手は、止める動作に惑わされることなく、止めて始動する動作でタイミングを計るのも良いですよ。

ピッチング動作の「個性が強い」ほど、タイミングを合わせるポイントが見つかります。

逆にクイックで特徴がない投手ほど、タイミングを合わせるのが難しいです。

バッティングが最短で飛躍的に上達するDVD

バッティングで一番大切な「強く遠くに打つ」バッティングを教えてくれます。

特に女子選手には欲しい長打力が身に付くバッティング上達DVDですよ。

バッティングの基本がしっかりと詰まったベストセラーのDVDです。

元プロ野球選手が直伝してくれるバッティング技術になりますよ。

7日間スラッガー養成プロジェクト

内野守備が上達するDVD

日本でもメジャーでも二遊間を守った「川﨑宗則」が実践的な守備を教えてくれます。

内野守備の技術は、このDVDに全て詰まっていると言っても過言ではありません。

様々な技術、連携、ポジショニングとさらにレベルアップできる内容です。

一歩目の判断が早くなり、より素早い送球が出来る様になる内野守備DVDですよ。

実践守備マスタープロジェクト

ピッチャーのコントロールを良くする方法

投手のコントロールを良くする技術と練習方法です。

制球力を磨けば、調子が悪い時でも試合中に修正していく能力が身に付きますよ。

コントロールは投手の生命線です。大崩れしてゲームを壊さない安定した投手技術です。

いつでもストライクを取りるゲームが作れるピッチャーを目指しませんか?

ピッチャーコントロール

ピッチャーの球速アップ

今よりも球速アップを図りたい場合には良いトレーニング方法になりますよ。

目標は3ヶ月で10km/h~15km/hのスピードアップです。

腕がしっかりと振れるので、変化球のキレも増してきますよ。

このトレーニングが良い点は「肩や肘」を怪我から守るトレーニングも兼ねている点ですよ。

ピッチャーの球速アップ