バッティング上達方法の第三回目は「スタンスと立ち位置」です。

スタンスも立ち位置も疎かにされがちですが、大切な要素になりますよ。

バッティングのスタンスについて

バッティングのスタンスというのは足の位置の他にも、膝の曲げ具合による「スタンスやステップの幅」も重要になってきます。

まずは基本的な部分から見ていきましょう。

① 平行に立つ「スクエアスタンス」

一般的なバッターに多く、オーソドックス(正統派)なスタイルになります。

② ピッチャーの動作が見やすい「オープンスタンス」

構えはオープンにしますが、ステップ後にはスクエアに戻すバッターが多いです。

スクエアに戻さないと、体の開きやアウトコースに届かない原因になります。

③ 日本人には少ない「クローズドスタンス」

欧米人よりも骨盤が回転しにくい日本人には少ないです。

たまに見かけるバッターはクセの矯正として取り入れているケースがあります。

例えば、どうしても体が開くクセが直せないなどですね。

デメリットとしてインコースにつまりやすいので、バットを短く持って対応したりします。

一時期は、巨人の「#31松本哲也」が使っていたスタンスです。

バッティングのスタンス

バッターボックス内での立ち位置について

基本的に前後の立ち位置は「一番ボールを最後まで見れる後ろ」に立ちます。

内角が苦手ならば遠く(やや後ろ)に立ち、外角が苦手ならば近く(やや前)に立つバッターもいます。

下記の画像Ⓒの「真ん中の後ろ」が基本になります。

厳密に言えば、一番後ろに立って、ややホームベース寄りですね。

バッターボックスの立ち位置

スタンス幅やステップ幅について

スタンスの幅は、一般的には「肩幅よりやや広いくらい」と表現される事が多いです。

最初はこの肩幅くらい、もしくはやや広めで良いです。

しかし、実際には選手のバッティングスタイルによって違いがあります。

ステップの幅や膝の曲げ方が違えば、バッティングにどんな影響があるのでしょうか?

下記のバッティング写真のⒶとⒷを比較してみましょう。

Ⓐは体重移動を大きくしてスイングに入ります。

勢いが付きますが、頭の高さの変化が大きく目線がブレやすくなったり、スウェー(前に突っ込む)の原因になるケースもあります。

Ⓑは目線のブレを少なくしたスイングになります。

どっちが良いと言うよりは、個々のバッティングの特徴や個性になります。

バッティングスタイルで自分に合ったスタイルを検討していきましょう。

スタンス幅やステップ幅

バッティングが最短で飛躍的に上達するDVD

バッティングで一番大切な「強く遠くに打つ」バッティングを教えてくれます。

特に女子選手には欲しい長打力が身に付くバッティング上達DVDですよ。

バッティングの基本がしっかりと詰まったベストセラーのDVDです。

元プロ野球選手が直伝してくれるバッティング技術になりますよ。

7日間スラッガー養成プロジェクト

内野守備が上達するDVD

日本でもメジャーでも二遊間を守った「川﨑宗則」が実践的な守備を教えてくれます。

内野守備の技術は、このDVDに全て詰まっていると言っても過言ではありません。

様々な技術、連携、ポジショニングとさらにレベルアップできる内容です。

一歩目の判断が早くなり、より素早い送球が出来る様になる内野守備DVDですよ。

実践守備マスタープロジェクト

ピッチャーのコントロールを良くする方法

投手のコントロールを良くする技術と練習方法です。

制球力を磨けば、調子が悪い時でも試合中に修正していく能力が身に付きますよ。

コントロールは投手の生命線です。大崩れしてゲームを壊さない安定した投手技術です。

いつでもストライクを取りるゲームが作れるピッチャーを目指しませんか?

ピッチャーコントロール

ピッチャーの球速アップ

今よりも球速アップを図りたい場合には良いトレーニング方法になりますよ。

目標は3ヶ月で10km/h~15km/hのスピードアップです。

腕がしっかりと振れるので、変化球のキレも増してきますよ。

このトレーニングが良い点は「肩や肘」を怪我から守るトレーニングも兼ねている点ですよ。

ピッチャーの球速アップ