野球のバッティングではヘッドが立つ、リストが利く、ヘッドが下がる、ヘッドが寝るという表現がされます。

今回はどんな状態がヘッドが立っている、下がっているのかを具体的に説明したいと思います。

その前に、ヘッドが下がるとどうしていけないかと言えば、インパクトの瞬間に手首に力が入っていないからです。

特に女子野球では、バットの重さからヘッドが下がりがちになる傾向もあります。

もしあなた自身が女子野球選手ならば、今回の記事が参考になれば幸いです ♪

バッティングでヘッドが下がるとは!?

バッティングには高目・真ん中・低目のコースがあります。

低目を振りに行き、自然とバットのヘッドが下がること自体をヘッドが下がるとは言いません。

ヘッドが立つ

バットのヘッドが立つとは、下記写真の(左)の様に「投手側の前の手首」が上に向く事を言います。ようは「手首が曲がった状態」ですね。

手首が立つことでインパクトの瞬間に力が入ります。

手首が立つ = ヘッドが立つという事ですね。

ヘッドが下がる

バットのヘッドが下がるとは、下記写真の(右)の様に「投手側の前の手首」が寝ることを言います。ようは「手首が曲がっていない状態」ですね。

手首が真っ直ぐだったり、逆に内側に曲がる状態を言います。

この手首の状態ではインパクトの瞬間に力が入りません。

バットのヘッドが立つ

バットのヘッドが立つのは前の手首が重要

前の手首を伸ばさないことで、ヘッドを立てることが出来ます。

下記の写真では手首は真っ直ぐですが寝てはいません。

一見、真っ直ぐに見えても力が入っていればヘッドが立つと言えます。

バットのヘッドが立つとは?

ヘッドが立つとは手首に力が入る角度

① 力が入らない手首の角度では、バットを上から押すと力負けしてバットが下がります。

② 力が入る手首の角度では、バットを上から押しても力負けせずにバットが下がりません。

バットのヘッドを立てる

ヘッドを立てる時に、前の手首でなく「後ろの手首を意識する選手」もいます。

ですので、ヘッドが立つという定義は「力の入る手首を保つことでヘッドが立つ」と言えます。

バットのヘッドを立てる

バッティングが最短で飛躍的に上達するDVD

バッティングで一番大切な「強く遠くに打つ」バッティングを教えてくれます。

特に女子選手には欲しい長打力が身に付くバッティング上達DVDですよ。

バッティングの基本がしっかりと詰まったベストセラーのDVDです。

元プロ野球選手が直伝してくれるバッティング技術になりますよ。

7日間スラッガー養成プロジェクト

内野守備が上達するDVD

日本でもメジャーでも二遊間を守った「川﨑宗則」が実践的な守備を教えてくれます。

内野守備の技術は、このDVDに全て詰まっていると言っても過言ではありません。

様々な技術、連携、ポジショニングとさらにレベルアップできる内容です。

一歩目の判断が早くなり、より素早い送球が出来る様になる内野守備DVDですよ。

実践守備マスタープロジェクト

ピッチャーのコントロールを良くする方法

投手のコントロールを良くする技術と練習方法です。

制球力を磨けば、調子が悪い時でも試合中に修正していく能力が身に付きますよ。

コントロールは投手の生命線です。大崩れしてゲームを壊さない安定した投手技術です。

いつでもストライクを取りるゲームが作れるピッチャーを目指しませんか?

ピッチャーコントロール

ピッチャーの球速アップ

今よりも球速アップを図りたい場合には良いトレーニング方法になりますよ。

目標は3ヶ月で10km/h~15km/hのスピードアップです。

腕がしっかりと振れるので、変化球のキレも増してきますよ。

このトレーニングが良い点は「肩や肘」を怪我から守るトレーニングも兼ねている点ですよ。

ピッチャーの球速アップ